So-net無料ブログ作成
book/magazine ブログトップ
前の5件 | -

さくらん [book/magazine]

今週末24日から公開される映画「さくらん
時代劇好き、色彩が気になる、映画で使われるお花は東信さん(!)という
見ないわけはいかない条件が揃っているので観にいきたいと思っています。

その前に安野モヨコの原作を読みました。
説明が少なく絵で語るような内容なので少しわかりづらいかと思います。
廓の世界は歌舞伎でよくとりあげられるので出てくる言葉はわりと知っているのですが
歌舞伎だとおいらんはお姫様のように扱われる(見てしまう?)ので
そういえばこうゆう世界なんだよなーと気づきます。

以前、大島渚の「御法度」を見たとき、神田うのちゃんがおいらん役で
高い下駄(三枚歯下駄というそうです)を履いて歩く姿が美しかったのを思い出しました。

さくらん

さくらん

  • 作者: 安野 モヨコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: コミック


御法度

御法度

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2007/01/27
  • メディア: DVD


yom yom vol.1 [book/magazine]

金曜日に立ち寄った書店で
目を引く真っ赤なYonda?くん。
「yom yom」という雑誌を買ってきました。
サイトの“ご挨拶”を読むと新潮文庫から出た雑誌、だそうです。


毎回読み切りというのはうれしいね。
出版社のPR誌をときどきもらってくるのですが
毎月入手できるわけでもなく、連載がさっぱりわからないので
いつでも買って読めるのはよいと思います。
季刊誌でvol.2は2007年2月28日発売。

■新潮社→ yomyomのページ


雑誌のおまけ [book/magazine]

毎月決まったファッション誌を買わず
何誌かを気まぐれに買ったりしているのですが
レスポの水玉ポーチ欲しさにBAILA11月号を買いました。


茶色に白の小さなドットがかわゆい。
目薬やヘアゴム、耳栓などを入れているポーチがくたびれてきたので
このかわいらしいポーチにチェンジしましょう。

BAILAはモデルさんや内容が好みと合わなくて
めったに買うことがないんだけど、今月号をパラパラっと見たところ
ネイルやちょっと気になるレギンスや京都の食事どころなどなど
読んで役に立ちそうな内容だったのでよかった。


まだ京都本収集 [book/magazine]

京都旅行は終わったのに季節柄じゃんじゃん発売される京都本。
京都で見かけて買わなかった本にまで手を出す始末。

FIGARO 10/5号(No.327)。
中身は前に買ったMeets「京都本」のほうがよかったと思います。
ただ地図を頭に入れて歩きたい地図好きとしてはフィガロさんがお得意の「全マップ」はすてきでした。

■LeafMOOKのくるり京都
こちらは京都駅周辺の本屋さんで見かけた本。大型書店にあったので捕獲。

そのほかLmagagine11月号が「京都市、左京区。」、
HanakoWEST11月号が「京都ストリート案内」。こちらは立ち読みで済ませました。

1ヶ月ほど前、ガイドブックではなく京都特集の雑誌が欲しかったのですが
時期が早すぎてなかったので次のためにと張り切って買うてしまいました。
紅葉シーズン後にふたたびふらりと行けそうな計画もぼんやりとあります。


京都事前調査 [book/magazine]

この秋、3年ぶりに京都へ遊びに行きます。
ふと行きたくなる不思議な街で2~3年に1度は行っています。
もしかしたら今回は「ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER」の
ブックレットや駅貼りポスター見て行きたい度がアップしてしまったのかもしれません。
(なわけないデスが・・)

だいたい行きたいところは決めてあるのであとはどうやって移動するか。
ガイドブックはずいぶん前に買った「歩く地図」というのが大きさも手ごろで手放せません。
お寺さんはなくならないしお店は今やネットで調べられるので十分。
と書きつつ、先日本屋のガイドブックコーナーを見ていたら
雑誌タイプものを見つけて買ってしまいました。

京都本―刺激たっぷりの古都的観光。」と「京都地図本―歩きたくなる
家でゆっくり中身を見たらどちらも似たような内容だったのですが
歩く気マンマンなので地図がちゃんとしてるのはありがたいです。
同じmeetsシリーズの「世界遺産をあそぶ京都本」も面白そうでした。
それからLeafという雑誌もチェック。その他京都関連本はいろいろ出ていますね。
「歩く地図」の新しいもの(2003年改訂版)は地図が見やすくなっていて
買い換えようかとも思いましたが少しサイズが変わってしまい
持ち歩きづらそうなので今回はやめました。


■旅先でも聴くかもしれません。

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER

  • アーティスト: くるり
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/07/26
  • メディア: CD


前の5件 | - book/magazine ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。